So-net無料ブログ作成
検索選択

普天間 「2段階移設」で交渉 シュワブ→ホワイトビーチ 政府方針 (産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で25日、政府の方針が判明した。当面は米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部に600メートル級のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を建設し、最終的には米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖合を埋め立てて代替基地を造るという「2段階移設案」で対米交渉に臨む。

 ■機能の5割以上、県外に

 複数の政府関係者によると、平野博文官房長官が与党幹部に2段階移設案を伝えた。岡田克也外相も26日にルース駐日米大使と会談し、この方針を説明するとみられる。ただ、米側は日本政府に対し、シュワブ沿岸部に代替施設を建設する現行案の早期履行を求める意向を崩しておらず、交渉は暗礁に乗り上げそうだ。

 平野長官は25日夕、社民党の阿部知子政審会長と国民新党の下地幹郎国会対策委員長と会談し、31日に政府案を一本化し、正式決定したいとの考えを示した。

 2段階移設案が浮上したのは、3600メートル級の滑走路2本と3000メートル級の滑走路1本を建設するホワイトビーチ案を実現するには、埋め立てなどに時間がかかるためだ。このため代替基地が完成するまでは、普天間飛行場のヘリ部隊をシュワブのヘリパッドに移する一方、同飛行場の固定翼機は鹿児島県・徳之島や九州地方の航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県)などに分散移転する。

 政府高官は「沖縄から(普天間の機能を)5割以上移すことで県民の理解を得たい」との考えを示した。

 一方、政府は沖縄県との調整も本格化させている。沖縄入りした北沢俊美防衛相は25日夜、那覇市内のホテルで仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事と会談。訓練移転などで普天間の機能を分散させるとの政府の考えを説明したもようだ。北沢氏は26日午前も再び仲井真氏と会談する。

 また、平野氏は25日、鹿児島県の伊藤祐一郎知事と会い、「地元を守る立場は理解するが、沖縄の負担は全国に分散しないといけない」と沖縄の負担軽減に理解を求めた。

【悠々往来 ローカル線の魅力】「水間鉄道」 参拝客を運び80年(産経新聞)
ツイッターで拉致問題関心喚起=「意見広告7人の会」が1日から(時事通信)
ハイチ「抗争や銃声に緊張」=PKO陸自1次隊長ら帰国−成田(時事通信)
JR西歴代3社長 起訴へ 遺族「これで言葉聞ける」(産経新聞)
<高松塚古墳>保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告(毎日新聞)

<自民幹事長>郵政改革法案は時代に逆行 参院選の争点だ(毎日新聞)

 自民党の大島理森幹事長は27日、横浜市で講演し、鳩山内閣内で対立が表面化した郵政改革法案について、「民を圧迫し官を太らせる考え方でまとめようとしていることに怒りを感じる。参院選で戦う大きな争点だ。時代に逆行する政策だ」と批判した。【木下訓明】

強盗致死、検察審が1人を「不起訴不当」…茨城(読売新聞)
B級グルメフェスタが岡山・津山で開幕 16県から54品目(産経新聞)
10年度予算が成立=過去最大92兆円−税制改正も、たばこ10月値上げ(時事通信)
首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」(産経新聞)
<桂宮さま>微熱あり入院(毎日新聞)

<立山黒部アルペンルート>雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)

 北アルプスを貫く観光道路、立山黒部アルペンルート(富山県)で、来月17日の全線開通に向け除雪作業が進んでいる。

 作業は1月下旬に標高977メートルの美女平(同県立山町)から始まった。同2450メートルの室堂(同)を目指し、約23キロのバス専用道をブルドーザーや除雪車などが雪をかきわけ進む。

 開通後は5月31日まで、「雪の大谷ウオーク」が楽しめる。【小林祥晃】

【関連ニュース
【関連写真付き記事】雪原に蛇、くっきり
アルペンルート:魅力発信 立山町と長野・大町市など「観光圏」認定目指す /富山
【写真特集】空撮百景:空から見た日本100景

首相、夫婦別姓法案で閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす(産経新聞)
赤信号「見落とした」パトカー交差点で事故(読売新聞)
カルト対策で連携強化=78大学が情報交換−入学シーズンは要注意(時事通信)
<粉飾決算>「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑(毎日新聞)
生方副幹事長は続投、小沢氏の要請受け(読売新聞)

水俣病未認定救済、首相が和解案受け入れ表明(読売新聞)

 水俣病と認められていない被害者でつくる水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市)の約2100人が国などに損害賠償を求めた集団訴訟について、鳩山首相は18日夜、熊本地裁が示した和解案(所見)を「国として受け入れる」と表明した。

 同会も受け入れに向け、検討を行っている。

 鳩山首相はまた、「裁判によらない方も、あわせて同じような結論を見いだせるようにしたい」と述べ、未提訴者も対象とする方針を示した。和解案は手や足先にしびれがあるなど、一定条件を満たした原告1人当たり210万円の一時金を支払うなどの内容。政府は今月中にも、裁判外での救済を求めている被害者団体に和解案と同じ条件を正式に提示する。4月中に救済の具体的な方針や審査態勢を決定したいとしている。救済希望者は3万人を超える可能性もあり、費用は数百億円に上るとみられる。

<首都直下地震>復興対策で報告書案 国民負担周知も提案(毎日新聞)
<人事>防衛省(毎日新聞)
龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)
久留米の保険金殺人、元看護師の死刑確定へ(読売新聞)
<みんなの党>「参院選出馬20人以上に」渡辺代表(毎日新聞)

<愛子さま>ホームルームに出席 学習院初等科で終業式(毎日新聞)

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が16日、学習院初等科の終業式後にあった教室でのホームルームに出席した。皇太子妃雅子さまが付き添った。愛子さまは通学への不安感から学校を欠席、早退するなどしていた。

 愛子さまと雅子さまは車でお住まいの東宮御所を出て初等科正門に到着した。ご一家のお世話をする宮内庁東宮職の野村一成・東宮大夫は12日の定例記者会見で、愛子さまについて「ご通学への不安感は依然としてお持ちのようだ」と述べている。

【関連ニュース
【ことの起こりは】愛子さま:強い不安感などで学校休む 同学年に乱暴な男児
愛子さま:宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題
【宮内庁の説明は】愛子さま:宮内庁の野村東宮大夫の会見での一問一答
【学習院の説明は】愛子さま:学習院の東園基政・常務理事の一問一答(1)
【学習院の説明は】愛子さま:学習院の東園基政・常務理事の一問一答(2)止

「心臓病に効く」とサプリ販売=東大病院医師かたり偽薬−容疑で無職男逮捕・警視庁(時事通信)
柔道整復療養費、請求方法の統一などを提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
<日中韓環境相>北海道で5月に会合開催(毎日新聞)
<田名部元農相>次期参院選立候補せず 政界引退へ(毎日新聞)
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書−鹿児島(時事通信)

千葉県で震度3(時事通信)

 16日午前7時30分ごろ、関東地方を中心に地震があり、千葉県大多喜町で震度3の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は千葉県北西部で、震源の深さは約70キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.4と推定される。主な各地の震度は次の通り。
 震度3=千葉県大多喜町
 震度2=千葉市、茨城県坂東市、さいたま市、東京都千代田区、横浜市、山梨富士河口湖町、静岡県富士宮市。 

【関連ニュース】
福島で震度5弱、1人けが=北海道から近畿まで揺れ-1週間は余震注意・気象庁
宮城などで震度4
津波予測、来春にも改善=当初規模から日本沿岸まで
チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析
北海道根室市で震度3

国民新党、事前面接に反対=派遣法、社民と共同歩調(時事通信)
民主都議スタッフ、身分偽り五輪招致映像費を調査(産経新聞)
小沢幹事長、趣味の釣りでリフレッシュ(産経新聞)
<公金横領>詐取2000万円か 元学校職員再逮捕 名古屋(毎日新聞)
座礁 フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘(毎日新聞)

現場近くに住む主婦「火が強く近寄れなかった」 札幌老人施設火災(産経新聞)

 「火事のとき風が強かった。やがて、消防車のサイレンの音で騒然となった」

 7人が死亡した札幌市北区屯田の火災現場近くに住む主婦(62)は火災発生当初の様子を話した。

 現場は閑静な住宅街。

 主婦は「火が強く近寄れなかった。バチバチという燃える音がすごかった」と話す。

 火災のあった建物は一般民家を改装したもので、大型の介護施設ではない。

 現場は札幌市北部の一戸建て住宅が並ぶ住宅街。

【関連記事】
札幌老人施設火災 火のまわり早く、崩れおちる室内
札幌市消防局が行方不明者の氏名を発表 老人施設火災
札幌老人施設火災 避難に課題…惨事に直結
「助けて!中に人が」7人のみ込んだ猛火 札幌の介護施設火災
札幌の老人介護施設で火災、9人死傷

夫婦にも銃創、近くに拳銃=一家心中か、全員の身元確認−群馬県警(時事通信)
堺のこいのぼり手描き、戦後初の女性職人誕生(読売新聞)
82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
亡き親友、今でも夢に…目覚めて「もう、いねーんだな」 秋葉原殺傷(産経新聞)
<NHK>強制わいせつで有罪の職員 懲戒免職に(毎日新聞)

政府案は複数の場合も=月内にたたき台−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は5日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設先の選定に向け、3月中にまとめる政府案が複数になる可能性を示すとともに、米側との交渉の過程で微修正もあり得るとの認識を示した。
 政府は同県名護市などにあるキャンプ・シュワブ陸上部への移設案を軸に検討を進めている。鳩山由紀夫首相は4日、政府案を3月中にまとめた上で、米国や地元沖縄と並行して協議に入る意向を示した。
 これについて、平野長官は「3月末までに政府案になり得るベースは作っておかなくてはならない」と述べ、あくまで交渉のたたき台との認識を示した。その上で、政府・与党検討委員会の委員長として、社民、国民新両党から独自案の提示を早期に受け、とりまとめを急ぐ考えを表明した。
 政府案が複数になる可能性については「与党案を見ないと一概には言えない」と、否定しなかった。また、米側や沖縄県などとの協議に関し、「相手があることなので(政府案が)多少変更することはある」と語った。 

【関連ニュース
北・イランの核問題で連携=米国務副長官と会談
中小企業対策、万全期す=鳩山首相
「トラスト・ミー」で探り合い=普天間めぐり米大使と平野官房長官
福島氏、普天間移設は3党で協議を=亀井氏はシュワブ陸上案主張
普天間「日本の結論待つ」=米

宝塚のブランド買い取り店に強盗、150万奪う(読売新聞)
埼玉の4歳衰弱死、両親「診察が必要」と認識(読売新聞)
民家火災で4人死亡 群馬(産経新聞)
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」(産経新聞)
「のぞみ」異臭・白煙1時間…床下で大きな音(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。