So-net無料ブログ作成
検索選択

18歳少年疑念抱いた?「自分の子じゃない」…石巻市男女3人殺傷(スポーツ報知)

 10日朝に宮城県石巻市の住宅で男女3人が殺傷された(女性2人が死亡)事件で、未成年者略取と監禁の疑いで逮捕された解体工の少年(18)=石巻市=が、監禁した元交際相手の女性(18)との間に生まれた子供について“疑念”を持っており、これが事件の引き金となった可能性が浮上した。近隣住民が11日、明かした。県警石巻署捜査本部は同日、住宅の現場検証を行い、12日には少年を仙台地検に送検する。

 事件の引き金には、少女に対する少年の「疑念」が含まれていた可能性が浮上した。

 現場となった南部かつみさん(46)宅があるJR石巻駅北西部の新興住宅地の住民は「(少年が)『赤ちゃんが自分の子じゃない』って疑っていた、と聞いた」と証言。さらに、別の関係者は「重傷を負った男性と沙耶さんの関係に不快感を抱いていた」との情報も明かした。

 捜査本部などによると、南部さんの次女のアルバイト店員・沙耶さんと少年は、約2年前から内縁関係だった。住まいを転々としながら共同生活を送っていたが、沙耶さんは昨年2月から事件前日の今月9日まで少年からのドメスティックバイオレンス(DV)の相談を計12回、石巻署にしていた。ただ、被害届を提出することはなく「ヨリを戻しました」と順調な様子の時もあれば、顔に打撲によるアザをつくっていることもあった。

 別居と同居をくり返す過程で、昨年10月に女児が誕生。少年はブログで「(長女の)笑顔が見たい」ともつづっていた。だが、暴力が続いたため、沙耶さんは、姉の美沙さん(20)と美沙さんの友人の高校生・大森実可子さん(18)=いずれも死亡=、建設作業員の男性(20)=重傷=に相談を持ち掛けていた。

 事件前夜の9日夜も、少年が南部さん宅に一度現れたため、その後に大森さんらも訪れ、沙耶さんと長女、美沙さんの5人で同じ2階の8畳間で寝ていた。

 そして、翌10日朝に事件が発生。犯行の際、少年が就寝中の3人を問答無用でいきなり襲ったことも、明らかになった。美沙さん、大森さんは、それぞれ複数回刺されて死亡。男性も重傷を負った。沙耶さんは車で拉致され、少年の友人宅で監禁された。約6時間後に保護されたものの、左太ももには刃物による傷があった。監禁場所からは血が付着した包丁が発見されている。

 少年の小学校時代の同級生は「当時から人を殴ったりするヤンチャなところがあった。空手も習っていた」と語る。複雑な家庭環境で育ち、鑑別所に入っていた時期もあったという。一夜明けての調べに対し、少年は依然として容疑を否認しているが、捜査本部は殺人容疑での立件を視野に入れている。


 【関連記事】
未成年者 仙台地検 新興住宅地 を調べる

つくばエクスプレス、架線トラブルで不通に(読売新聞)
【町工場から五輪へ】(4)スピードスケートの砥石 (産経新聞)
大学病院の診療報酬「劇的に改善する」―鈴木文科副大臣(医療介護CBニュース)
<社民・阿部政審会長>政倫審での説明、小沢氏に求める(毎日新聞)
<鳩山首相>冬季パラリンピック選手にエール(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。